時間を何倍にも増やせる「レバレッジ時間術」とは?その他活用法も紹介!

様々な考え方


こんにちは!

ひよまるです!🐤

今回の記事は「時間を有効活用できる方法」をいくつかご紹介します。

みなさんは生きている中で、時間を無駄に消費してしまったと感じるときがあるのではないのでしょうか??

いぬまる
いぬまる

時間の有効活用法とか興味ないんだが…

ひよまる
ひよまる

見なければいいじゃん!!(笑)

いぬまる
いぬまる

ごめん、言ってみただけ。

この記事を読むことで、時間の有効活用術を知ることができ、普段の生活に生かすことができます。

おそらく自己啓発系のセミナー等で↓の記事のようなことが言われているのではないでしょうか?(笑)

これから紹介する時間の有効活用術は、医学生である自分も使っています。

いつもの生活の中で使える方法ばかりです。

ぜひご覧ください🐤

時間を投資するとは?

皆さんは、時間に投資するという言葉を聞いたことがありますか?

ちなみに僕は全く聞いたことがありませんでした。

それでは時間を投資するというのはどのようなことなのでしょう。

結論から先に言うと、時間を投資するというのは文字通り、将来的に自分の時間を増やしてくれそうな事柄に時間を投資することです。

では時間を投資して何を得るのか?

それは「お金や時間」です。

例えば、学校や会社から帰った後、1時間ほど自由時間があるとします。普段ならば遊んだり、テレビを見たりゲームで遊んだりして時間を過ごすことが多いと思います。

いつもは休息に使っているこのような自由時間を、スキル向上の勉強やビジネス活動をする時間に投資するという事です。

このように、自由な時間をスキル向上や勉強などの活動に使う事を、「時間を投資する」と言います。正直これだけでは何が何だか分かりませんよね(;’∀’)

自由時間を使うメリットとして、自由時間以外の時間を使うわけではないので、生活が狂う事がありません。そして普段何気なく使っていた時間を投資すれば、無駄遣いに終わっても、何も失うことがありません。

もちろん投資なので、時間の無駄遣いに終わってしまう事もあります。

しかし何かを得ようと思って、頑張って過ごした時間というのは、たとえ何も得られずとも充実した記憶が残り経験として昇華されやすいです。

レバレッジとは?

タイトルに「レバレッジ」とありますが、このレバレッジという意味は、テコという意味です。

主に投資などに用いられる専門用語です。レバレッジ取引とは少ない資産で多くの取引をおこなうことを指しています。(主にFX等でよく使われる言葉です)

この言葉は、レバレッジ時間術という本で説明されています。

時間は、あらゆる人に平等に一日二四時間ずつ配分されています。

お金とは違って、貯めることはできません。しかし、投資によって増やすことはできるのです


出典: 本田 直之 (2007) 『レバレッジ時間術』


ではどのようなことが「レバレッジをかけて時間を投資する」に当てはまるのでしょう?

一例を出しましょう。

例えば、医師A氏はたくさんパソコンを使う仕事をしているとします。

ここでの「レバレッジをかけて時間を投資する」という行為は「ブラインドタッチの集中トレーニング」が当てはまります。(あくまで一例)

ブラインドタッチの集中トレーニングをすることで、パソコン作業をスピードアップすることができ、新たに使える時間が増えます。

私がブログをやりつつ、PCのタイピング速度を上げることもレバレッジをかけて時間を投資するという事に当てはまります。

このようにして増えた時間は、また新たな仕組みづくりや新しい事業、さらには自分の能力を高める自己投資など、 「再投資」に回すことが出来ます。

ここがレバレッジをかけて時間を投資するというところの大事なポイントとなります。

そしてどんどん仕組化することで、時間を何倍も有効活用することも出来ます。

このようにレバレッジをかけて投資をすることで、時間を作ることが出来、時間を有効に使うことが出来ます。

自分を追い込む状況に置く

次に紹介するのは、自分を追い込む状況に身を置く方法です。

これ↑のどこが時間節約術化というと、作業効率化アップを狙った時間節約術です。

要するに、自分の状況を「しなければいけない」状況無理やりおいて、頑張る方法です。

いわゆる火事場のバカ力を何回も出せるように、わざと追い込むのです。

ここで気を付けたいのが、やりすぎは禁物という事です。

自分を追い込みすぎる状況になってしまったら、心が疲れてしまいます。その為、精神的に安定している時に実行しましょう。

物事を逆算してタスク化

次に必要なことは目標を定めて逆算しタスク化することです。

これの何が重要かというと、まず目標を決めることで努力をする理由が明確化されます。

明確化されることで、努力を継続しやすくなります。

そしてその目標までの道のりをタスク化することで、目標までにどのぐらいの努力をすればいいかなど、分かりやすくなり、作業のブラッシュアップもすることが出来ます。

不必要なものをバッサリ切り捨てろ

次の項目は不必要なものをばっさり切り捨てることです。

これは時間の有効活用法の中では、かなり重要な事項です。

なぜなら、この不必要なものをバッサリ切り捨てるという項目は、切り捨てるものによって空く時間のスペースがとても大きくなり、時間をたくさん生み出すことが出来るからです。

これは自分の経験なのですが、大学生になってからテレビを見ることがほとんどなくなりました。今までテレビを見ていた時間を、まるまる別の有効な時間に生かすことが出来ています。(どちらかというとテレビを見ている時間がないんですけど笑)

時間を区切り集中する

次の時間の有効活用法は時間を区切り集中することです。

一般的に人間の集中力は90分続くと言われています。人によって、この90分が長く感じたり短く感じたりすると思います。

その為、自分がその日に集中できる時間を決めて区切り、取り組むことで集中を持続して物事に取り組むことが出来ます。

時間をコントロールすることで、短時間で仕事を終わらせることができるようになります。

その他

  • 夜はどうでも朝早く起きる
  • 週末もパターン変えない
  • 1日のリズムをあまり崩さない


などもあります。

時間術

まとめ

時間というものは、全ての人に共通して存在するもので、様々な名言や言葉が残されています。

  • “失くした1000万円はいくらでも取り返せるが、今ここで無駄に過ごした一時間は二度と取り返すことができない。”
  • 時間管理で重要は、節約ではなく密度を高めること
  • 時間は取り返せない
  • 自分の行動でしか自分の時間は守れない。       ‥など

さてこれまで、様々な時間の活用法を紹介してきました。

時間の活用法は人生においてとても大事だと思います。

しかしそれよりももっと大事なことがあります。

それは楽しく生きるという事です。

お金や時間にとらわれて、楽しく生きることを忘れてしまってはいけません。

あくまで、この時間の有効活用術は、人生を楽に生きるためのそのための準備にすぎません。

辛くなったらやめるのが吉でしょう。

何事もバランスが大事です。時には頑張り、時には休んで、楽しく人生を謳歌しましょう!!

今回の記事は以上です。

ご清覧ありがとうございました。

もしもこの記事が良いと思ったら、ぜひ↓のハートボタンをよろしくお願いします!

記事を書くときのモチベーションになります!

1+

コメント